気になる部位の施術費用を調べよう|プチ整形で手軽に悩みを解決

バストアップの方法

女性

もう少し胸に膨らみがほしいという人はプチ整形でバストアップをはかるといいでしょう。プチ整形は、大きな手術をせず手軽に体や顔のコンプレックスを取り除く方法です。顔のたるみをヒアルロン酸注射で目立たなくするというのも簡単なプチ整形になります。これと同じ方法で豊胸をすることが可能なのです。ヒアルロン酸を使った方法で豊胸術を行った場合、肌に傷を残すことはほぼありません。注射器を用いてピンポイントにヒアルロン酸を注入して胸を膨らませることができます。一般的で簡単な方法がこのプチ整形での豊胸術でしょう。ヒアルロン酸以外では脂肪を注入する場合もあります。こちらのほうがヒアルロン酸を使うよりも柔らかくなるようです。

効果のわかりやすい豊胸術を行いたいという人はシリコンバッグを使った方法を選択するといいでしょう。注入法では、ヒアルロン酸や脂肪が徐々に体内に吸収されてしまうため、1カップくらいのサイズアップしかできません。しかし、シリコンバッグを用いた方法は3カップ以上のサイズアップも期待できるのです。シリコンバッグを用いた豊胸術のメリットは、効果の高さや持続性だけではありません。トラブルがあっても対応できるという安心感もあります。シリコンの塊を胸に挿入するのですが、もし異変を感じた場合は塊を一気に取り出すことが可能です。また、乳腺の下にシリコンバッグを入れるので授乳に影響することもありません。

プチ整形やシリコンバッグでの豊胸術を考えている場合は、効果や持続時間だけでなく費用もきちんと調べたほうがいいでしょう。ヒアルロン酸注入でバストアップを行う場合、注射1本あたり約3万円から4万円が相場費用となっています。キャンペーンを行っているというところもあり、そういったものを利用すると1本1万円前後になることもあるようです。ただし、1本だけではほとんどバストアップを実感することはできないでしょう。1カップのサイズアップを行うためには片胸で約7本以上の注射が必要となります。この注射を両胸に使うのですから、その費用は少なくても約15万円以上の費用がかかることになるでしょう。シリコンバッグを入れて豊胸をするという場合には、安くても20万円以上の費用がかかります。平均的な金額は60万円前後で、麻酔や検査の費用を入れると更に大きな金額になるのです。